日焼け・紫外線チャンネル - 絶対焼かないマン

絶対日に焼かない根性が必要!

絶対に焼かないことを誓った女性

 

日焼け=将来シミになる、と考えておられる方は多いと思います。確かにそれも正解です。しかし、紫外線には短波と長波があり、特に長波がシミの原因になります。更にはその長波はごく薄い皮膚組織の奥まで入り込み、弾力や保湿のためにある組織を破壊してしまいます。ターンオーバーなどでは元通りになりません。

 

あくまでも予防が大事なのです。SPF/PA共にそれほど高い数値である必要はありません。高ければ高いだけお肌への負担が大きいからです。それより小さな数値で構わないので、一日に何度か塗り直すことが必要です。面倒だとは思いますが、それが結果的に将来美しいままの自分でいられるか?シワシワでシミだらけになってしまうのか?その違いです。

 

紫外線は空からだけではありません。アスファルトや湖・海等の照り返しもあります。油断していいところは日中にはありません。

 

女性の年齢は首&手に出やすいです。先日当サロンにエステに来られた方はお顔は日焼け止めを塗っているのに首には塗っていないとのことでした。訊くまでもなく一目でわかりました。着る洋服によっても出ているところだけ塗ればいい、ってことではありません。白のシャツを着るのなら、デコルテから首腕できればボディも塗ることをお勧めします。

 

女性は内側、外側からの日焼け対策ができるようになりました!

以前は病院、美容外科などしか購入することができなかった日焼け止めがあります。それはサプリメント形状の日焼け止めです。これは活性酸素を抑えたりメラニン色素の生成を抑えるような成分を含んでいます。例えばクリームを塗り忘れた部分は日焼けをしてしまいますがサプリメントを飲んでおけば日焼けを予防、シミやシワの予防にも繋がります。

 

女性ならぜひチェックして夏だけに限らず1年を通して使いたいアイテムです。

 

飲む日焼け止め紹介サイト

日焼け止めサプリランキング

 

一般販売されている話題の日焼け止めサプリをランキング形式でいち早く紹介してくれていました。まだ多くは出ていないですが絶対に焼きたくない女性は必見のアイテムになります。日焼け止めクリームと併用すれば効果倍増で夏でも美白肌を保つことができますよ!

日焼けをしてからしばらく経つと皮がめくれることありますよね。白くてガサガサしてポロポロ落ちる。人前に出るのが恥ずかしく感じますよね。でも恥ずかしいからといって、皮を剥く行為はNGです!!剥くのをじっと我慢して、自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。そこで、早く皮が剥がれ落ちて、肌の再生をスムーズにするために自分で出来ることをご紹介します。

 

「保湿」「ビタミンCの摂取」「紫外線対策」

紫外線のダメージを受けた肌は、ヤケドをした肌と同じなのです。ヒドイ時には、炎症や水ぶくれにもなります。こうしてダメージを受けた肌は、肌細胞や肌バリアが壊れてしまい、肌内部に水分を保つことができなくなってしまいます。水分を保てずに蒸発してしまった肌は砂漠状態。この砂漠状態が続くと、シミやシワなどの肌老化が進んでしまいます。

 

まずは、肌に水分を与え閉じ込めるために「保湿」が大切なのです。そして、体の内側からもケアするために「ビタミンC」の摂取が必要です。ビタミンが多く含まれているピーマンやレモン、お肉やイチゴなどを食事で取り入れましょう。アセロラジュースなどでも効果的です。ただし、ビタミンには熱を与えると効力が下がるという性質があります。加熱調理せずに生のまま食べることが出来る、野菜や果物が最適ですね。

 

そして、徹底した紫外線対策が重要。
まだ皮がめくれている間は、日焼け止めクリームを塗るよりも、衣服で日焼けをブロックする対策がオススメ。肌が整ったら日焼け止めクリームを活用して下さい。気持ち厚めに塗る・数時間後とこまめに塗る・SPFを上げるなど、今まで以上に取り組んでみましょう。

 

最後に…

日焼けによる紫外線のダメージを受けた肌は、とてもデリケートです。衣服の擦れや、ボディーソープボディータオルの摩擦に注意しましょう。肌に優しい素材の物を選んだり、泡で優しく洗うことが大切です。

続きを読む≫ 2016/07/08 14:07:08

人の肌の老化の80%は光老化と言われています。つまり、光=紫外線の影響が、老化現象の原因の大きな割合を占めているということです。考え方によっては、光、紫外線を防げば老化は防げるということです。紫外線対策、日焼け対策に一番身近なのは、日焼け対策クリームですね。顔からからだ用、最近は髪の毛も紫外線の影響があると言われているので、スプレータイプも人気です。

 

この日焼け対策用のクリームですが、一度塗ればいいというものではありません。これらは汗や皮脂、また洋服にこすれると簡単に落ちてしまいます。ですから、数時間に1度、面倒でも塗り直さないとしっかりとした日焼け止め対策とは言えません。

 

またベタつくから、もったいないからとうすーく塗るというのも正しい塗り方ではありません。薄くてはこちらも日焼け対策としては意味がありません。日焼け止めクリームの説明書、パッケージの裏側に適切な量も書かれているので、そちらをきちんと守りましょう。

 

せっかく日焼け止めクリームを塗ったのに、日焼けをしてしまった…という方は、クリームの効果の有無を疑うよりは、自分の使い方が間違っていなかったか、一度確認してみましょう。日焼けは上に書いたよう、老化現象も怖いものですが、肌の炎症を起こし、痛みを伴うこともあります。肌を守るためにもしっかりと対策をしましょうね。

続きを読む≫ 2016/06/14 16:48:14

梅雨が明けると暑い夏がやってきます。そして美肌の天敵とも言える紫外線が最も強い時期となります。そんな紫外線から身を守る誰にでも行える日焼け対策を掲載します。まずはつばの広い帽子を被る事です。つばが広ければ広い程、顔に掛かる紫外線を防ぐ事が出来るので簡単に行える対策です。また生地が暑ければ頭皮に汗をかいてしまうので薄い生地の物を選ぶ事が重要です。

 

次に肌の露出をしない事です。
暑さのあまり薄着になってしまい肌の露出が多くなってしまいますが、長ズボンと長袖を着用し、紫外線をカットする事が大切です。通気性の高いメッシュ加工の物を着用する事で暑さの軽減にも繋がります。

 

次に運転時には手袋を着ける事です。
車を運転する際はハンドルを握る手だけが日焼けする事が多い事と思われますので、薄い生地の通気性の高い手袋を着ける事が大切です。

 

次は窓に紫外線カットフィルムを貼る事です。
自宅や車等の窓に紫外線カットフィルムを貼る事で日焼け対策にもなりますし、光の反射防止にもなるのでとても便利です。紫外線カットフィルムは百均にても購入する事が可能なので手軽に入手出来ます。ひと工夫するだけで日焼け防止に大きな効果が期待出来ますので、是非試してみてください。

続きを読む≫ 2016/06/14 16:44:14

3月くらいになると、朝のゴミ出しの時の日差しがなんだかきつくなった気がしてくる。ああこの時期が来たのかめんどうだな、と思う。朝のゴミ出しは家の前に置いて網をかけておくのだけど、それまでに顔に日焼け止めを塗らないといけなくなるからだ。夫を送り出してゴミ出しの時間ギリギリまでボーっとしてから自分の1日をスタートさせるのが、ぐうたらとはいえ、私にとっていい流れなのだけど、それができなくなる。

 

一度、朝の紫外線だしパッと出てすぐに家に入れば大丈夫だろうと日焼け止めを塗らずにゴミ出しを続けたことがある。…シミになった。最悪。美白美容液を塗って回復したけど、1ヶ月以上かかった。それからはどんなに面倒でも、絶対洗顔して日焼け止めを塗ってからゴミ出しをする。あと、気をつけているのは洗濯を干すとき。私は、いったん家の中で全ての洗濯をハンガーやピンチハンガーにかけ、あとは外の物干竿に引っ掛けるだけの状態にしてからベランダに出る。

 

少しでも外にいる時間を少なくするためだ。そしてその際は、スプレーの日焼け止めを首や腕にかける。さらに、洗顔後に日焼け止めクリームを塗った顔にも、改めてプシューっとする。家に居る時は、手も汚れないし手軽だから、スプレータイプの日焼け止めが本当に便利。お出かけの際にはジェルタイプをガッツリ塗るけど、手の届きにくい背中なんかはスプレータイプをシューッと。

 

私の紫外線対策には、顔用日焼け止めクリームと、全身用日焼け止めスプレー、全身用ジェルタイプの日焼け止めが本当に欠かせない。今年の夏も使いまくって、絶対日焼けしない!

続きを読む≫ 2016/06/14 16:38:14

日差しの厳しい季節が来ましたね。毎日良い天気なのは嬉しいですが、それとともにお肌の日焼けが気になる季節でもあります。もちろん、日焼け対策には私も気を使っています。といっても、いわゆる日焼け止め等を塗るのが苦手なのでクリームを塗るのは最小限にして、それ以外の方法で対策しています。

 

まず、顔はどうやっても隠せないし、というか隠したら不審者だしどうせお化粧をするので、SPFやPAが入っている下地やファンデで防備するようにしています。

 

次に、腕です。どんなに暑くても、アームカバーは手放せません!よく300円とか安い値段で売っている商品がありますよね。安いのは投資額が低くて良いのですが、やっぱり安かろう悪かろうで付けていると、本気で暑くなってしまって付けてられません。なので、ここはちょっと財布の紐を緩めて冷感仕様だったり、通気性の良いものを選びます。

 

これだったら、付けていても苦にならないですよ!この夏ずっと付けるものですもん、良い物選んで損はありません。

 

そして、最後の締めは、やっぱり日傘!ここでも質の良いUVカットの日傘を選びます。はた目から見たら、日焼け対策頑張りすぎに見えるかもしれませんが数十年後の自分のお肌のシミや老化には代えられません!

続きを読む≫ 2016/06/06 08:26:06

美肌を守るためには夏だけでなく1年中日焼け対策は万全にしておく必要があります。春から夏にかけては特に紫外線が強い時期なので、美意識の高い人は帽子、サングラス、ストール、手袋としっかり身に着けた上でさらに日傘まで使っているので恐れ入ります。

 

私とて女性の端くれゆえ、やはり気を使ってはいるつもりなのですが急いでいる時などついつい手袋を忘れたり、ストールを巻き忘れて首の後ろが真っ赤に焼けたりと失敗を繰り返してきました。私のようなウッカリ者におすすめな日焼け対策は日焼け止めクリームを使うことです。塗り忘れないように、洗面所に化粧水、乳液、日焼け止めクリームと3点セットで並べてあります。

 

ちなみに乳液を使うのは夜のみ。お風呂上りに顔だけでなく全身に塗る用です。無印良品の乳液を使っているのですが、安価でたっぷり入っているためボディクリームとして惜しみなく使えます。日焼け止めはここ2年ほどの愛用商品はニベアのSUNプロテクトウォータージェルという商品です。顔、体用ですので、朝洗顔後に化粧水をつけた後に顔や首、デコルテ、腕と塗ります。

 

こうすることで、ゴミ捨てに出たり、近所のコンビニにちょっとだけ行ったりと短時間の外出でもわざわざ完全防備の恰好をする必要がない上に日焼けは防げます。ほんの少しの時間日に当たっている、その小さな積み重ねがいずれはシミになったりするので日焼け止めクリームをつけることを習慣化してしまった方がいいと思っています。

続きを読む≫ 2016/06/06 08:22:06